独身アラフォー女性の婚活事情

独身アラフォー女性の婚活事情

アラフォー世代と言われれば30代後半から40代前半の年齢層の人達ねと容易に想像できるだろう。
しかしアラフォー女性の婚活事情ともなるとアラフォー世代を一括りにはできない様相がある。
年齢や外見、特に年齢が特別視される婚活においては、30代後半女性は非常に不利であると一般的に言われる。
それは子どもを持ちたいという男女問わずの願望が結婚にはあるからだ。
子供を持ちたいという男性は30代後半女性を選ばないであろう。
40代女性になると尚更選択肢に入れない。
世間一般的に女性の若さが尊ばれ、30代前半までの妊娠に適した年齢の女性を伴侶にしたいという男性がほとんどであるのは納得できる。
結婚したい独身アラフォー女性達はそのような世間一般の世界ではあぶれてしまうことになる。
その世間一般の婚活場所と言われる合コンや街コン、出会いのパーティーに精を出して参加するアラフォー独女でも一向に婚活の結果が表われない場合に結婚相談所に入会することを考え始める。
結婚もできない烙印を押されたようで本来なら入会したくはないであろう。
しかし入会を決めるアラフォー独女は多い。
しかし、ここで一つ注意点がある。
これは男女年齢に関わらず言えることだが、結婚相談所に入会しても必ず結婚できるとは限らない。
結婚相談所での成婚率は10%くらいと言われている。
これを低いとみるか高いとみるかは個人の判断である。逆に数字を読むと結婚できずに退会する男女が90%ということだ。
もちろんこの90%には相談所以外で結婚を決めて退会した方もいるであろう。

しかし、どの相談所でもこの数字は明らかにはしていない。
結婚相談所に入会されたことのある方はよくお分かりだと思うが、結婚相談所ではまず年齢検索から入りそれから顔写真やプロフィールを見るやり方がほとんどだ。
そうすると結婚を真面目に考えて相談所に入会した世間一般の男性達よりさらに一般的な男性はアラフォー世代をまず選ばないのだ。
相談所の男女比率は女性が6割〜7割。
多い年齢層はアラフォー世代という。
この層の女性がここでもあぶれてしまうのだ。
ではどうすれば、独身アラフォー女性は結婚を手にすることができるのか。
それはターゲット層を見直すこと。
そして自分に合った婚活の場所へ出かけることだ。
独身50代男性はアラフォー世代も視野に入れているし、子供を持つことを考えていない男性はアラフォー世代や40代も視野に入れることは可能だろう。
自分が絶対譲れない条件を見直してターゲットを見直すことだ。
そして、アラフォー婚活の場所は相談所で合っているのか?を見直そう。
外見に自信があるなら、外見でまずは判断される合コンやパーティーがいいだろう。
外見に自信が無いのなら、社会人サークルや習い事でまずは人間関係を作るのもよい。
独身アラフォー女性は、自分の適性や分析をまずは行い自分に合った婚活方法を見つけよう。

関連ページ

2006
2007
独身アラフォー女性の生活などの特徴
独身アラフォー女性の印象としては向上心が高くて、仕事に関してキャリアやスキルがあって、一般のサラリーマンに負けないぐらいの収入を得ている人が多いです。将来は1人で生涯を閉じたくない事を考…